赤の国 青の国

赤の国 青の国二つの国に別れて敵対する国の王を倒すか、全ての拠点を占拠するのが目的のゲームです。
ノーマルカードとエースカードを上手く使い分けて勝利を掴み取りましょう!

akanokuniaonokuni_image01.png



◆じゅんび
はじめに赤の国と青の国をプレイするプレイヤーを決めます。
拠点カードを写真のように並べてください。

akanokuniaonokuni_image02.png

赤の王子を赤の王都に、青の王女を青の王都に配置します。
ノーマルカード、エースカードをそれぞれ分けてシャッフルして裏向きの山札を2つ作ります。

akanokuniaonokuni_image03.png

各プレイヤーはノーマルカードの山札から5枚ずつカードを受け取ります。これが手札になります。お互いの手札は相手プレイヤーに見えないようにします。
これで準備は完了です。先攻は赤の王子側のプレイヤーから行います。



◆あそびかた
このゲームはターン制で、スタートプレイヤー(赤の王子側)から交互にプレイします。

徴兵
ターンプレイヤーはまず占拠している拠点の「資金」の合計値分のカードをドローできます。
ただし「徴兵」によって手札が5枚を超えてはいけません(5枚丁度はOK)
お互い最初のターンは手札5枚の状態で始まるので「徴兵」はできません。
ノーマルカードは1点、エースカードは2点の資金で1枚のドローができます。

akanokuniaonokuni_image04.png

資金の合計が4点なら「エースカード2枚」か「エースカード1枚+ノーマルカード2枚」か
「ノーマルカード4枚」の組み合わせでドローができます。
ドローは組み合わせを決めてから1度に行います。ドローの内容を確認しながら、どちらを引くかを選択することはできません。
山札がなくなった場合、捨て札をシャッフルして山札にしてください。

出兵
「徴兵」が終わったら「出兵」を行います。「出兵」とは手札から兵士カードを出して拠点を攻めることです。
ターンプレイヤーは好きなだけ「出兵」を行えます。同じ拠点に対して、複数回の出兵をしても構いません。
出兵は以下のパターンに分けられます。

A.誰もいない拠点
1枚のカードを出兵して拠点を占拠できます。
2枚のカードで出兵し、1枚を捨て札にすることはできません。

B.自分が占拠している拠点
出兵することができません。

C.相手が占拠している拠点
ターンプレイヤーは攻撃側となり1枚または2枚の手札を「裏向き」でします。(このときノーマルカードかエースカードかは相手にわかるようにします。)
防御側のプレイヤーは手札から「援軍」としてカードを1枚だけ出すことができます。
お互いがカードを出し終えたら戦闘判定を行います。

戦闘判定
・攻撃側は剣のアイコンの攻撃時戦闘値、防御側は盾のアイコンの防御時戦闘値を合計します。
・拠点による補正値、カード効果による補正値を加えます。(剣アイコンは攻撃値、盾アイコンは防御時のみ有効です。)

akanokuniaonokuni_image08.png

・戦闘値の合計が高い方が勝利となります。
・勝利したプレイヤーのカードが拠点に残り、拠点を占拠した状態になります。
 敗北したプレイヤーのカードは捨て札になります。
・勝利したプレイヤーが戦闘に2枚のカードを使用していた場合、拠点に残すカードはそのプレイヤーが決めます。
 もう1枚は捨て札になります。
 防御側のプレイヤーが「援軍」を用いた場合、援軍の方を拠点に残しても構いません。
・戦闘値の合計が同じ場合は、双方のカードが捨て札になります。
 この拠点は誰も占拠していない状態になります。

ターン終了
出兵の意思がなくなったら、ターンを終わりにします。(相手のターンになります。)

勝利条件
・相手の王子または王女を「捨て札」にした方が勝利します。
(王子と王女が相打ちになった場合は引き分けです。)
・全ての拠点を占拠も勝利となります。



◆ポイント
資金が手に入るのは自分のターン開始時に自分が占拠している拠点からのみです。拠点をしっかりと守りぬくことが重要です。
出兵の際、攻撃に手札を全部使ってしまうと防御するカードがなくなってしまいます。手札の使い方に気をつけてみましょう。
拠点の取り合いが白熱するお手軽なカードゲームです。普段からカードゲームをプレイしているような人にもオススメです。

タイトル 赤の国 青の国
内容物 王子カード・王女カード各1枚/拠点カード5枚/ノーマルカード30枚/エースカード20枚
プレイ人数 2人 プレイ時間 10分
対象年齢 10歳以上 価格 2100円