Upset -kakumei-


順番にカードを出して手札を使い切ったプレイヤーが勝利するゲームです。
カードには2種類の数字が書かれており、好きな方の数字を使えます。
カードの中には数字の代わりに「革命」マークが書かれたものがあり、「革命」が使われると、カードの強さが反転します。
簡単なルールですが、2人でも熱い駆け引きを楽しめます。

upset_image.png

◆あそびかた◆
時計回りで順番に場にカードを出し、一番早く手札を無くしたプレイヤーが1位です。
手札が無くなったプレイヤーはゲームから抜け、最後まで手札が残ったプレイヤーが最下位となります。
複数回遊ぶ時は、順位に応じて得点をつけても良いでしょう。

◆場札を出す◆
□場札がない時
親は「1枚」「同じ数字2枚のセット」「同じ数字3枚のセット」のいずれかを出すことができます。
・4枚以上のセットは出せません。
・連続した数字(例えば「4」「5」「6」)はセットとして出すことはできません。
・場札が何もない時に「革命マーク」を出すことはできません。
・パスはできません。
※「革命マーク」が書かれたカードでも、数字側を使って出すことはできます。ゲーム開始直後の1巡目は、1枚でしかカードは出せません。

□場札がある時
場に出ているカードと同じ枚数で、より「強い」カードを出すことができます。
強いカードは「強さガイド」に従います。
・数字の大きい方が強い場合と、数字の小さい方が強い場合があります。

□革命マーク
革命マークは、場札が何枚であっても何の数字でも、1枚で出すことができます。
・革命マークを複数枚のセットで出すことはできません。
革命マークを出したら「強さガイド」を裏返します。(カードの強さが反転します。)
革命マークを出したら手番は終了します。
次のプレイヤーは、革命マークが出された直前のカードと同じ枚数で、より「強い」カードを出さなくてはなりません。
・強さが反転したことに注意してください。
革命マークを出して「上がる」ことはできません。(手札を「0枚」にすることはできません。)
革命マークに対して、革命マークを出すことはできません。
・一番弱いカードが場に出ている状態で、革命マークが出された場合、次に出せるカードはありません。

◆パス◆
カードを出せない場合、もしくは出したくない場合は「パス」ができます。
パスの判断は自分の手番が回ってきた時ごとに行います。
・一度パスしていても、次の手番が回ってきた時にはカードを出すことができます。

◆親の交代◆
最後に場札を出したプレイヤーの手番が回ってきたら、そのプレイヤーが新たな親となります。
場札を捨て札にし、「場札を出す」からゲームを続けます。

◆誰かが手札をなくした時◆
場札を残したままゲームを続けます。
残った全員がパスした場合、抜けたプレイヤーの次のプレイヤーが新たな親となります。


みんなで楽しめるゲームとなっておりますので、是非プレイしてみてください!




タイトル Upset -kakumei-
内容物 カード55枚/強さガイド1枚
プレイ人数 2~5人 プレイ時間 15分
対象年齢 14歳以上 価格 2140円