Interview

グランディングの「こえ」

ディレクター

山田真広

Masahiro Yamada

ディレクターのお仕事に関して

ディレクターは、面白さに責任を持つ人だと思います。長く続けられるコンテンツにするためには、お客様に喜んでもらって、面白くて、尚且つ売れるゲームでないといけない。そこを担保する人だと思います。そして、つねにモノゴトを決める人。メインの仕事は決めることです。僕の場合は、一つのプロジェクトのメインの遊びとなる部分を決めました。そしてゲーム全体の流れを描き、チームをゴールへ導くようなイメージで仕事をしています。

グランディングで今後やりたいこと

現在手がけている仕事を成功させることですね。

グランディングのポジティブポイント

居心地がいい。優しいスタッフが多く、落ち着いてできる環境です。社長に関しては、一番のアイデアマンなのでプランナーからしてもとても頼れる存在です。

グランディングを人にたとえると?

素直な少年みたいな感じがしますね。ここからいろいろなことに手を出していくんだろうな、目をキラキラさせて。

Recruit

採用情報

私たちとおもしろい未来を
作りませんか?

街コロ、スペースチャンネル5VRなど
オリジナルタイトルも鋭意開発中!
スマートフォンアプリから家庭用向けゲーム、
アナログゲームまで幅広いエンタテインメントを
実現しています。

採用サイトを見る